生活の中にシアリスを取り入れる!男性不妊とコミュニケーションの関わりについて

セックスに失敗するのは大半が心因性ED

シアリスデリケートな男性は、一度でも失敗してしまうと深く考えてしまいます。

次も失敗してしまうんではないだろうか?などと気にしてしまうことで、EDへとつながってしまうのです。

あまり深く考えすぎずに、リラックスしてセックスに望みましょう。

シアリスを飲んだからと言って、性的興奮が湧き上がってくれる訳ではございません。

基本的に性欲は変わらない為、勃起をサポートするお薬なのです。


勃起に重要な性的興奮

性的興奮を感じなければ勃起は起こりませんが、男性は年を重ねることで経験が増え、徐々に見た目だけの刺激などで興奮しにくくなって来てしまいます。
そうなってくると、ペニスへの直接的な刺激などによって、性的興奮を高め勃起を促す必要があるのです。


EDのキッカケとなる様々な要因

本当に男性はデリケートな生き物です。
女性から見たら、なんで??と思うようなことでも、EDになってしまうことが多々あります。
例えば、性欲が沸かない理由として、それまでは彼女として見ていたが、あるキッカケを境目に母親などに見えてしまい性的対象から外れてしまう事もあるようです。
疲れていたり、忙しかったり様々な状況下では、ちょっとしたきっかけで性欲が沸かなくなってしまう場合があります。


男性パートナーがEDでは?だと考えて

シアリス勃起機能がEDかもしれないといったように、男性がEDだったことが発覚しても当たり前のように対応したりせず、パートナーの対応が鏡となって跳ね返ってきます。

実際に本人は口に出して言わない場合も多いですが、それは自分がEDになったということを認めたくない場合が多いからです。

EDは決して1人の問題ではありません。

治療にはパートナーと二人三脚が必要なのです。


治療を考える必要がある時

二人の関係値の中に体の関係は必要ないといった場合、EDの治療をする必要はありません。
理由もなく1ヶ月以上セックスがない場合、お互いにセックスを望んでいるのであれば、治療をするべきでしょう。
特に、子供がほしいがEDが原因で子作りが行えないなんて場合は治療が必要です。


女性側は痛がったりしていませんか?

濡れにくいや不感症などで、痛がったりしてしまうと、デリケートな男性はそれが原因でEDになっている可能性もあります。
男性側は、痛い!とか怖い!とか言われてしまうと、引いてしまう場合や冷めてしまう場合があります。
勿論、女性も性交痛があればセックスが楽しめるわけありません。
ローションや軟膏、ジェルといった不足した潤いを与えてくれるものを使用して性交痛を無くすことで変わってくるといった場合もあります。
セックスはお互いに二人でするものです。なんでも話合いお互いに良い関係を作り上げていきましょう。